行政書士は通信講座で習え|必要な費用について

試験に合格するために

女性

行政書士の通信講座を選ぶ際は、勉強の形式とテキストの中身をしっかりと確認することが大切です。また行政書士の通信講座の費用は高くなる傾向がありますが、高ければいいというものではなく、費用と中身のバランスを考えるようにしましょう。

法律家になるための対価

レディ

カリキュラムの目安

行政書士試験を受けると決意したならば独学でするか、予備校などに通うかという選択に迫られますが、その中間的な位置づけとして通信講座という選択肢もあります。通信講座であれば合格するためのノウハウを手に入れながら、かつスケジュールに縛られずに学習することができます。独学に比べて費用はかかることが多いですが、合格の可能性をあげるために多くの方が利用しています。行政書士試験は法律科目と一般知識等科目に分かれており、法律学習の経験がない方はどちらも学べる初学者用といわれるものから始めたほうがよいです。初学者用の講座であれば通信講座に特化したところであれば10万円以下の費用で始められるところが多いです。一方、通学講座もやっている予備校などは20万円以上もするコースが用意されています。ただし、条件によっては割引のサービスを受けることができるので実際に支払う金額は20万円以下になることもあります。ちなみに独学で教材をそろえた場合は行政書士試験用のテキストや条文を引くための六法、試験の過去問題集や本番を想定した模擬試験集などを自分でそろえなくてはなりません。これらを買い揃えると通信講座より費用が少なくてすむ場合もありますが、仮に受験が長引くと逆に高くつく場合もあります。もし行政書士試験を受験したことがある場合や独学などで試験勉強をしている方であれば自分の弱点を把握できていて、必要なところだけを補いたいという要望があるかと思います。そういった方には予備校によっては科目ごとのコースや答案練習を強化したコースなどが用意されているのでそちらを利用すれば費用を抑えることができます。費用がかかるからと必要なところまで削ったり、逆に重視しなくてもよいところまで重複させるとかえって合格が遠ざかってしまいます。

独学との違いを知ろう

書類

人気の資格のひとつに行政書士があり、その学び方もスクールに通う、独学、通信講座など様々な方法があります。独学は費用を抑えることができますが、合格するには多くの勉強量、時間が必要となります。より効率よく学ぶならカリキュラムに従って勉強を進めることができる通信講座もおすすめです。

違いを比較した選び方

勉強

行政書士を目指す人におすすめの通信講座では、費用に大きな違いが出てきます。しかし、費用が高い安いからといって学習内容に影響が出るというわけではありません。少しでも経済的な負担を抑えていきたい場合には、比較や賢い支払い方法で利用していくことができます。